2次う蝕について

2015-03-02

過去に治療したつめ物やかぶせ物が外れ、
歯医者さんへ行ったらかぶせ物の下で虫歯が広がっている
と言われた経験はありませんか( ゜o゜)?

治療済みの歯の下に虫歯ができてしまうことを歯科用語では2次う蝕または2次カリエスと言います。

治療したはずなのに何故このようなことが起きてしまうのでしょうか ?

原因として考えられることは…

①歯とかぶせ物との境目に汚れが蓄積したことによる虫歯

つめ物やかぶせ物と歯の境目に、虫歯の原因となるプラークが停滞し続けると虫歯菌が産生する酸によって歯が溶けることによって虫歯になってしまいます。

②歯ぎしりやくいしばりによる影響

歯ぎしりやくいしばることによって、つめ物やかぶせ物に負担がかかり、金属と歯とを接着しているセメントが流れだしてしまい歯と金属との間に隙間が生じ、そこから虫歯になってしまうことがあります。

無意識にくいしばっていることに気づいたら、噛みしめないように注意しましょう(*´∀`)♪
寝ているときの歯ぎしりやくいしばりは、マウスピースを入れたりすることで負担を軽減することができます。
歯ぎしりがあったり、起きた時に顎が疲れてたりする方は、ぜひ御相談下さい。

③歯科医師、歯科技工士のテクニカルエラー

虫歯治療の際に、虫歯菌に感染している部分を取り残しているとかぶせ物をかぶせても中で虫歯菌が繁殖してしまいまた虫歯になります。

またつめ物やかぶせ物は歯の型をとって作りますが、型どりの際に動いてしまったりすると模型が実際の歯の形とは違うものになってしまい、出来上がった物の適合が悪くなったりします。

加えてかぶせものは歯科技工士さんが作ってくれますが、様々な工程を経てかぶせものが出来上がるのでそのうちのひとつでも狂いが生じると適合の悪いかぶせものが出来てしまいます。

通常は削った後にお口の中を確認、型どりしたものを確認、出来上がった模型を確認、技工士さんのもとからかえってきた技工物を確認しますのでほとんどないですが、人間なので、絶対にないとは言えません。

私達歯科医師はこのテクニカルエラーが限りなくゼロに近づくよう努力しております。

治療済みだからといって新たな虫歯が生じないわけではありません(^^;
不具合を感じたらまずは歯科医師にご相談下さいね(^^)

Copyright© 2010 牧の原歯科医院(松戸市、八柱・常盤平の歯科クリニック) All Rights Reserved.