入れ歯について

2016-06-30

妊娠と歯のケア

今回の歯科コラムは入れ歯についてです。

外傷、虫歯、口腔トラブルなどが原因で自然歯(自分の歯)を失ってしまった場合、
歯科医は入れ歯をおススメすることになります。

歯を失うことは、顔のたるみの原因となり老けて見えてしまうケースもあります。
そのため、自分に自信がなくなり外出しなくなってしまった・・・
なんて方もいらっしゃるようです。

入れ歯を装用することによって顔面の筋肉が引き締まるため、若返ったような気持ちになれますし、笑うときに口もとを隠したり、人目を気にしたりすることなく、家族や友人とすごす時間を思いっきり楽しむことができます。


入れ歯の種類

入れ歯には大きくわけて2つの種類があります。
歯科医は患者様のお口の状態を確認したうえで、適した入れ歯をおススメします。


【総入れ歯】
上アゴと下アゴ、それぞれに歯が1本も残っていない場合は、総入れ歯を使用します。
上アゴには、上アゴ用の総入れ歯、下アゴには、下アゴ用の総入れ歯が入ります。

【部分入れ歯】
ご自身の歯が1本でも残っている場合は、部分入れ歯を使用します。
部分入れ歯は、残った歯が動かないようにするためにも役立ちます。


人工歯の違い(レジンプラスチックやセラミック、メタルなど)、歯茎部分である床の作り方や材料の違いなどによってその種類は様々です。保険適用のものから精密なものでは、保険外の自費のものまであります。
詳しくは歯科医にご相談ください。


牧の原歯科医院では入れ歯の作製も行っております。
詳しく診察のうえ、入れ歯の必要性の判断から、作製、定期健診まで行います。
まずは、かかりつけの歯医者さんとして、お口の中のことならなんでもご相談ください。

Copyright© 2010 牧の原歯科医院(松戸市、八柱・常盤平の歯科クリニック) All Rights Reserved.