子供の虫歯、大丈夫ですか?

2017-06-28

乳歯の虫歯は、気を付けて見ていても、いつのまにか進行してしまっていることがあります。
なぜ気付きにくいのか、どうしたら予防できるのかを知りましょう。
 
 

なぜ気付きにくい?

歯科コラム6月 元気のない歯
乳歯の虫歯は黒くない!
 実は、乳歯の虫歯は大人の虫歯のように黒ではなく、白いことが多いのです。
黒い虫歯はゆっくりと進行しますが、白い虫歯の進行は早く、気が付いた時には穴が開いてしまっていることもあります。
 
痛みに気付けないことも
 子供はまだ「痛い」という感覚が発達しておらず、小さな痛みに気付くことが出来ません。
また、痛みは出たり引いたりするため、子供が痛がっていても次の日には痛みが引いてしまい、結局見過ごしてしまうこともあります。
 
小さな虫歯を見逃さないよう、食べ方や仕上げ磨きの時にきちんと見てあげることが大切です。
 

予防するには?

歯の汚れを取り除いてあげることが大切
歯磨きは、毎食後全ての歯をきちんと磨くのではなく、虫歯になりやすい所を注意して磨くようにしましょう。
 
デンタルフロスも有効
一番虫歯になりやすいのは奥歯の歯と歯の間で、ここは歯ブラシでは磨くことが出来ません。
そのため、寝る前に一度デンタルフロスを通してあげてください。
デンタルフロスが難しい場合は、子供用の糸ようじもあります。
 

牧の原歯科医院では、小さなお子さまでも「怖くない」雰囲気を心がけ、「痛くない」治療がモットーです。
家族みなさまのかかりつけの歯医者さんとして、お口の中のことならなんでもご相談ください。
Copyright© 2010 牧の原歯科医院(松戸市、八柱・常盤平の歯科クリニック) All Rights Reserved.